他の歯科治療と同じように

他の歯科治療と同じように、インプラントにもある程度のリスクを伴う治療です。どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、使用中の破損などのインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどのりゆうで、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。
問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はよく考えて決めて下さい。

安易にインプラント治療をはじめることはお奨めしません。インプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラントしかないとされるという患者さんに適用されるのが普通です。インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため食べ応えがありますから、食事が確実に美味しくなります。

よく耳にするようになったインプラントは、どんな治療かというと、歯のなくなった部分の顎骨に穴を開け、金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。

その他の手段、例えば入れ歯と比較すると、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を創る歯科技工士の高レベルの医療技術が必要不可欠と言っても過言ではありません。

高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険は聴かず自由診療なので、治療費は高額になっています。

この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、安全を期すため、入院を求められることもあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。

腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院が必要になることもありますから、注意して下さい。

自分が当てはまるという方は、治療計画は、歯科医と十分に話し合って、慎重に決めていきましょう。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的に歯科医に診てもらう必要があるため異常がなくても維持費は必要になります。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
メンテナンスをうけるごとに支払う料金は基本的に保険が適用されるので約三千円とみればよいでしょう。

標準的には、一年に1万円から2万円程度のお金がかかると見積もっておきましょう。失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗してもやり直しできないことが多い点です。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラント治療をはじめるとき負担に感じるのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用外のケースが圧倒的多数で、ほとんどすべてが自由診療となるのが現状なので、何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても費用の差が出てきます。また、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくることも念頭に置きましょう。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利な治療法であるインプラント。ですが、制約もありますからおぼえておきましょう。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。
抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

特質として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーも起こりにくいとされています。治療をはじめるに当たっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密におこない、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので納得した上で治療をはじめられます。一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療全体をとおして、相当な出費になります。

この治療が保険適用になるのはごく少数例で、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。検査など、治療の一部しか保険が聴かないのが負担が大聴くなる原因です。安くできるケースで十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを重々承知しておいて下さい。

参考:歯磨き粉は研磨剤なしでも着色を防ぐのでオススメ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です