太陽光発電量とは?

太陽光発電量とは、要するにどれだけの電気を作り出す事ができるのかという事につきます。太陽光発電量は設置した機器と条件によって変動し、大まかに次の5項目となります。①ソーラーパネルの設置枚数 設置する枚数と発電量は比例します。設置した枚数が多ければ多いほど導入時の費用も掛かりますが発電量もふえます。②ソーラーパネルの性能(光エネルギー変換効率) 通常の販売されているものは変換効率が10%~19%のものです。当然、変換効率の高いものは価格も高くなります。③ソーラーパネルの設置場所(設置する角度及び方角) 最も理想的とされるのは真南向き傾斜角30度です。少しのずれでも1割以上発電量の差が発生するといわれています。④設置するエリア(地域) 日射量によって変動するものが太陽光発電なので地域別の日射時間の差はそのまま発電量に影響します。ちなみに、年間平均で最も日射時間が多いのは山梨県です。⑤気候(天気や季節) 太陽光を受けられる量が直接影響します。曇りや雨などの日はあまり期待できません。積雪のある地区の冬期間もそうです。晴天の真夏日などは最大のパワーを発揮します。